2度以上住所が変わっている場合

はじめに取り上げるのは、住所が2度以上変更されている場合です。
もし住所が1度だけ変更されている場合、住民票で対応できますが、2度以上変更されている場合は住民票だけでは対応できません。
なぜなら、住民票には前の住所が記載されており、「前の前の住所」は書かれていないからです。
ですから、2度以上住所が変更されている場合には、住民票ではなく戸籍の附票が必要となります。
戸籍の附票には、住所の変更履歴が記載されているため、前の住所を証明できます。
また、結婚などで書類と姓名が異なる場合もあります。
結婚や離婚などで姓名が変わった場合、住民票や戸籍の附票ではなく、戸籍謄本が必要になります。
戸籍謄本は、本籍地がある自治体の窓口で発行できる書類です。
戸籍謄本には、正式な姓名(結婚前の姓名や離婚後の姓名)が記載されており、個人の身分を証明するために必要です。