純正品を用意しておく

一般的には、社外品よりも純正オプションの方が査定額が高くなる傾向があります。
ですが、必ずしもそうとは言えません。
ただ、もし純正品があれば、査定の際に用意しておいた方が良いでしょう。
特にスペアキーは必要ない場面が多いですが、スペアキーのない車だと査定額が減らされることがあるからです。
同様に、取扱説明書も揃えておくと良いです。
どちらも車を購入する際にあると便利なものなので、査定金額にも影響することがあるからです。
また、車を売却するタイミングと税金の関係も考慮しましょう。
自動車税は毎年4月1日の時点で登録されている車両に課せられる税金です。
一括で1年分を支払う必要がありますが、年度途中で売却した場合には、自賠責保険のように還付されるものはありません。