固定資産税の支払い方法6つ

固定資産税の支払い方法6つ
固定資産税の支払い方法は、いくつかあります。
自治体によって異なる場合もあるため、納税先の自治体に確認することが必要です。
以下では、固定資産税の支払い方法を6つご紹介します。
1. 現金 現金で固定資産税を納付することができますが、現金納付が受け付けられる場所には限りがあります。
都道府県の税務課や銀行・郵便局の窓口、一部のコンビニエンスストアで受け付けています。
ただし、コンビニエンスストアでの納付は1回の支払いにつき最大30万円までとなっています。
参考ページ:不動産購入 税金 【2023年度】固定資産税の得になる支払い方法と注意点を解説!
なお、現金納付の場合は領収証が発行されることがありますが、他の支払い方法では領収証の発行がない場合もあるため注意が必要です。
2. 口座振替 口座振替を登録することで、固定資産税が自動的に引き落とされます。
ただし、振替手続きには時間がかかるため、早めに手続きを行うことが重要です。
振替手続きが完了すると、納付期日に合わせて自動的に引き落としが行われるため、手間や忘れる心配がありません。
3. クレジットカード払い 一部の自治体では、クレジットカードを利用して固定資産税を支払うことができます。
クレジットカードの利用限度額を超えない範囲内であれば、分割払いも可能です。
クレジットカードを利用することで、現金や振替手続きに頼らずに納税することができます。
4. 電子マネー払い 一部の自治体では、電子マネーを利用して固定資産税を納付することができます。
ただし、利用できる電子マネーには制限があるため、事前に確認が必要です。
交通系電子マネーやスマートフォンアプリの電子マネーを使用することができます。
5. 郵便振替 郵便振替口座を持っている場合、郵便局やATM、インターネットバンキングなどを通じて固定資産税を納付することができます。
郵便振替を利用する際には、納付手続きの振替番号や振替口座番号を正確に入力することが重要です。
これらの支払い方法を選択する際には、個々の方法に特徴や制約があることを理解し、自身の都合に合った方法を選ぶことが大切です。
また、納税先の自治体の指示に従い、適切な手続きを行うようにしましょう。