名古屋市の一戸建ての売却価格の相場

名古屋市の一戸建ての売却価格の相場
名古屋市で一戸建ての家を建てたり、購入したりして、その地を離れなければならないことがあります。
大切にしたい家を高く売却したいと思うでしょう。
この記事では、名古屋市の一戸建ての売却価格の相場や、売却に適したタイミングや注意点などについて、詳しくご紹介します。
ぜひ参考にしてください。
名古屋市の一戸建ての売却価格の相場とその特徴
まずは、名古屋市で一戸建ての家がどれくらいの価格で売買されているのか、相場を見てみましょう。
2021年の平均価格は、1平方メートルあたり35.34万円でした。
そして2022年には、1平方メートルあたり39.91万円に上昇しています。
相場は上昇傾向にあり、売却を検討している方にとっては好都合です。
実際に、2013年から2022年までの10年間で見ると、名古屋市全体では1平方メートルあたりの価格が約13万円上昇しました。
これは、愛知県全体の平均上昇幅である約5万円を大きく上回る数字です。
したがって、名古屋市は愛知県内でも非常に需要が高いエリアだと言えます。
名古屋市の区ごとの売却相場と特徴
名古屋市には16の区がありますが、それぞれのエリアで一戸建ての売却の相場は異なります。
2022年のデータによれば、最も高額で売買されているのは「中区」で、1平方メートルあたりの価格は85万円です。
二番目に高いのは「東区」で、1平方メートルあたりの価格は56万円です。
これから需要が高く、価値が高いと言えます。
中区は名古屋市の中心となる街で、愛知県庁や名古屋市役所などがあります。
また、地下鉄東山線・名城線・鶴舞線・桜通線が走っているため、交通アクセスも便利な街です。
一方で、最も安価で売買されているのは「港区」で、1平方メートルあたりの価格は20万円です。
この区は名古屋市の隅に位置し、都心とは距離がありますので、価格が低い傾向にあります。
参考ページ:名古屋市の一戸建てはいくらで売却できる?相場や価格の要因など
名古屋市の一戸建ての売却価格の相場を考慮して売却を検討する際のポイント
名古屋市で一戸建てを売却する際には、相場を考慮した上で慎重に検討する必要があります。
まずは、自分の家のエリアがどの区に位置しているのかを確認しましょう。
それぞれの区における売却相場を把握することで、適切な価格設定ができます。
また、市場の需要や価格の動向もチェックし、売却タイミングを見極めることも重要です。
需要が高いエリアであれば価格は高めに設定できる可能性があります。
さらに、物件の魅力を引き立たせるために、内外装のメンテナンスやリフォームなどを行うことも検討してください。
これらのポイントを踏まえて、最大限の利益を得るための戦略を練ることが大切です。
名古屋港区は魅力的なエリアで、観光施設も充実しています
名古屋港区は、名古屋市の最南端に位置し、津波などの災害リスクも存在するため、一部の人々には興味を持たれないかもしれません。
しかし、このエリアには魅力的な観光施設が数多く存在します。
たとえば、レゴランドや名古屋港水族館、名古屋港シートレインランドなどがあります。
これらの施設は、外国人の方々にも大変人気があります。
そのため、名古屋港区は外国人の方々が多く住んでいると言えるでしょう。
さらに、最近数年間で名古屋港区は一戸建て住宅の需要が高まっています。
そのため、不動産の価格も上昇傾向にあります。
名古屋市全体で一戸建て住宅を求める人々の需要が高まっていることからも、名古屋港区は注目されるべきエリアと言えるでしょう。